×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通販型自動車保険の不安と疑問

通販型自動車保険は事故対応に不安が…

自動車保険の自由化に伴い、保険料の安さで人気を集める通販型自動車保険。

通販型自動車保険としてソニー損保アクサダイレクト三井ダイレクト損保アメリカンホームダイレクトチューリッヒなど、日本ではこれら有名な大手損保会社が数多くの契約件数を誇るものの、やっぱり不安に感じてしまうのが通販型自動車保険としての事故対応とサポート体制…。

代理店型の自動車保険と比べても示談交渉や保険金の支払いなどは遜色なく安心だと聞くものの、事故に遭遇したときの対応とサポート体制には少々不安が残りますよね。

そんな不安を感じるあなたに契約中の事故対応だけでなく、これから更新を迎えるにあたり通販型自動車保険に乗り換えようと考える方も含め、保険料の見積もりから申し込みまでの疑問と不安を解決してみましょう。

通販型自動車保険の対応をシュミレーション

通販型自動車保険に加入をされていても、実際に事故対応やサポートを経験した人も少ないはず。では実際に事故に遭遇した場合契約者本人がどのように対処すればよいのか流れを見てみましょう。

●事故を起こしてしまったらまずは保険会社に電話

事故を起こしてしまったら安全を確認したあと警察に連絡し、その後慌てずに保険会社の24時間コールセンターに電話をしましょう。勤務時間内であれば、事故状況を説明後すぐに専任の担当者がその対応をしてくれますが、勤務時間外や休日などの場合はコールセンターのスタッフがその後の対応を回答してくれるので安心です。

●クルマの修理は近くの提携工場がサポート

通販型自動車保険は全国の修理工場と提携しているため、近くの提携工場がクルマの修理などのサポートを行ってくれます。保険会社によって提携する工場数に違いはあるものの、多いところでは全国7000か所の工場と提携する保険会社があるぐらい…。コールセンターに電話をして直接担当者に尋ねれば、クルマの修理や入れ替えなど、あらゆる要望を直接伝えることが可能です。

●事故後の示談交渉は保険会社が責任を持って対応

相手がある事故を起こした場合に面倒となる示談交渉。この示談交渉も保険会社のスタッフがすべて対応してくれます。契約者としても事故後の処理を保険会社にまかせておけばいいので安心できますよね。

●迅速な保険金の支払いは代理店型以上

通販型自動車保険の特徴としては迅速な保険金の支払いがウリです。素早い保険金の支払いは代理店型の自動車保険より優れ、各保険会社が自社の実績として挙げるほどですから保険金の支払いについて不安に感じることはないでしょう。