×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通販型自動車保険の不安と疑問

スポンサードリンク

通販型自動車保険の見積もりをとるにはどうすればいい…?

通販型自動車保険に加入する前に、「保険料がいったいいくらになるのかがまず知りたい…」という方はとりあえず見積もりをとってみましょう。契約中の対応に納得できたうえで保険料も安ければ言うことありませんよね。では見積もりをとる流れをみてみましょう。

●見積もりに必要な書類を揃える

現在すでに通販型自動車保険に加入されている方であれば、電話やインターネットを問わず、現在加入している保険証券と車検証、それに保険会社から送られてきた満期はがきの3つがあれば簡単に見積もりすることができます。他社の自動車保険から乗り換える場合や新規で自動車保険に加入される場合は、車検証とクルマの装備がわかる書類があるとスムーズに見積もりをとることができます。

●保険会社と対面する必要ナシ

見積もりをとったからといって保険会社のスタッフと対面する必要はありません。見積もりをすると保険料などが記載された書類が郵送されてきますので、複数社の見積もりを比較することであなたに合った補償内容と保険料の安い自動車保険を見つけることができます。もし契約したいのであれば書類を確認のうえ、不明な点を保険会社に問い合わせてみましょう。また見積もり内容を変更する際にも電話で伝えれば、しっかりとした対応に満足ができるはずです。

●一度は見積もりをとってみる

特定の保険会社だけでなく、あなたに合った補償内容と保険料を比較するためにも、まずは複数の自動車保険の見積もりをとることをおススメします。複数社の見積もりが無料でとれますので上手に活用してみましょう!

無料一括見積もりで自動車保険を比較してみよう!

通販型自動車保険に申し込む

見積もりをとった通販型自動車保険の補償内容にも保険料にもナットクができたらいよいよ申し込みです。その申し込みにまつわる疑問を解決してみましょう。

●満期が過ぎるまでには申し込みの手続きを!

ネットで見積もりを依頼した後に届く書類に契約書も同封されてきますが、あなたが納得できなければその自動車保険に契約する必要はありません。納得ができるまでじっくり検討した方がよいでしょう。ただし、現在契約している自動車保険の満期が過ぎるまでに契約することが重要です。見積もり依頼から契約が完了するまでおよそ2週間程度の日程が必要となりますので、1カ月まえには見積もりをとりよせ、時間に余裕を持って自動車保険を検討するよう心がけましょう。

●書類の記入ミスは後日請求…

契約書に記入した内容が誤って事実と異なった場合でも、保険料を入金することで自動車保険の補償が成立します。保険会社にしてみると、契約の段階では記載された内容の確認ができないため入金での契約開始となりますが、契約後にそのミスが判明した場合、差額を請求されることがあります。クルマの補償が開始されるから安心とはいえ、契約書類の記入にミスがないよう注意しましょう。

スポンサードリンク